<FX分析編>

■ ローソク足

 一定の時間帯における高値、安値、始値、終値を読み取ることができます


■ 移動平均線

 一定期間の株価の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフで、ローソク足チャートと併用します。
  一定期間は日足であれば5日、25日、75日が一般的です。


■ ゴールデンクロス

 短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から追い越す時に交差した状態をいいます。一般的に買いの
  サインです。


■ デッドクロス

 短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から追い越す時に交差した状態をいいます。一般的に売りの
  サインです。


■ EMA

 普通の移動平均(MA)を、最新の株価を重要視したものに改良したものです。


■ MACD(マックディ)

 短期のEMAと長期のEMAの2つからなるもの。MACDの移動平均線をシグナルとして、ゴールデンクロス、
  デッドクロスからトレンドを読み取ります。


■ RSI(相対力指数)

 過去の値動きに幅に対する上昇幅の割合をグラフ化したものです。70以上であれば買われすぎで、30以下
  であれば売られすぎと判断できるため、逆張りに使うのが一般的です。
    計算式RSI=一定期間の上げ幅合計÷(一定期間の上げ幅の合計+一定期間の下げ幅の合計)×100%。


■ ボリンジャーバンド

 移動平均線と標準偏差を使ったテクニカル指標の一種で、主に相場の反転するポイントを知るために用いる。


■ ストキャスティクス

 短期線、中期線、長期線の3本の線を使って売買サインを判断します。RSIと同様に70〜80以上であれば買
  われすぎで、20〜30以下であれば売られすぎと相場を読み取ることができます。


■ ダマシ

 チャートのトレンド転換や、売買サインが間違っていること。チャートの一般的なセオリー通りにいかないこと。


■ リバウンド

 買われすぎ売られすぎの状態から、適正水準まで戻ろうとする為替の動き。

■ ブレイク

 抵抗となっていたポイントを突き抜けていくこと。


■ 米国経済指標

 世界中の市場に参加している方が注目している指標。なかでも重要なのがGDP、ISM製造業指数などの
  「景気指数」「雇用統計」「物価指数」「住宅関係指数」などの、予想と結果の差で市場は動きます。


■ トレンド系

 為替レートの方向性を表すテクニカル指標の総称で、順張りに使われることが多いです。
  これに当てはまるテクニカル指標は、ローソク足や平均移動線、ボリンジャーバンドなど。


■ オシレーター系

 主に買われすぎや売られすぎの状態を予測する為のテクニカル指標の総称で、よく逆張りの売買シグナルとして
  使われます。これに当てはまるテクニカル指標は、RSIやストキャスティクス、MACDなど。


ページトップへ       
Copyright (C) LIFESTYLE All Rights Reserved.