<FX注文編>

■ 成行注文

 その時に表示されている為替レートで売買の注文を出します。


■ 指値注文

 指定した為替レートで売買の注文を出します。


■ 逆指値注文

 指値注文とは逆の発想で指定し、損失を抑える為に使う注文方法。


■ ストップロスオーダー

 保有するポジションの損失が拡大しないように、特定のレートでポジションを切るための注文です。


■ IFD(イフダン)

 希望レートでの新規ポジション確保と決済注文を同時に出します。


■ OCO(オーシーオー)

 レートが上昇したら売り、下がれば買いといった様に一度に二つの注文を出し、実際のレートが先に達した
  注文だけが有効とされる注文の出し方です。


■ ナンピン買い

 下がれば下がるほど同一の通貨を買い増し、平均取得単価を下げていく手法です。下降局面で損失を抑えな
  がら反転の機会を待てますが、下降が止まらない場合、我慢を続け予想以上に買い増ししてしまい、大きな
  損失となるケースがあります。


■ ドテン売り

 それまで買いのポジションだったが急に売りポジションに転換することを言います。


■ 手仕舞い

 保有しているポジションの反対売買をすることで決済することを言います。


■ リピートIFD

 文字通りIFDを繰り返す注文方法。指定した為替レートで、ポジション確保と決済を自動的繰り返し注文して
  くれます。レンジ相場で、同じ取引を繰り返し行う場合にはとても便利。


■ トレイリングストップ

 リアルタイムで逆指値のストップロスの値段を修正します。たとえば買いポジションであれば安値を逆指値と
  して、高値を更新していくたびに逆指値の価格もそれに合わせ吊り上げていきます。これによりリスクを抑え
  ながら、利益も確実に確保していくという手法です。


■ マージンコール

 証拠金の維持率が低下した際に、預託している証拠金では担保力が不足していますという警告です。
  証拠金を追加せず警告を無視した場合、その後強制的にロスカットされる場合があります。


■ スリッページ

 指定したレートと実際に約定したレートの差のこと。市場の状況により、この差が大きくなることがあります。


■ ロスカット

 為替レートの変動により証拠金維持率が規定の数値を割り込んだ時に、強制的に反対売買を行って損失拡大を
  防ぎます。




ページトップへ       
Copyright (C) LIFESTYLE All Rights Reserved.